【朝勉強するだけじゃダメ!?】効果的な勉強ができる学習計画をたてよう!!【夜は暗記】

中学生

「勉強は朝する方がいい!」と言われたことはありませんか?

あるある!でも朝は眠くて力が出ないんだよなあ…

夜の方が集中できるって人もいるやんな

実は、「朝勉強する方がいい」という噂は半分正解で半分不正解です。

何も考えずただ朝起きて勉強しているだけでは、朝勉強の効果は薄くなってしまうでしょう。

今回はそんな時間帯による勉強について紹介します。

こんな方にオススメ

朝勉強がいいと言われてもできない方
・勉強計画を立てれない方

時間帯によって脳の働き方は違う

脳は時間帯によって働き方が異なります。

これは、動物としての本能から来ています。

人間は生きていく上で、食料を確保がとても重要ですよね。

現代は、食料を確保することに頭を使うことは少ないでしょう。

しかし、大昔は食料を確保するために狩りをする必要がありました。

そのため、この狩りの時間に一番脳が働く必要があったのです。

つまり、食料を確保するための狩りの時間=空腹の時間に脳が活発に働きます。

食料の確保と同じように重要となるのが睡眠です。

人間は明日も生きるために睡眠を取ります。

そのため、寝る前の知識は明日のために覚えようとします。

つまり、睡眠前に取り入れた知識は定着しやすいのです。

朝勉強

朝は空腹がある時間です。

そのため、脳が活発に働く時間でもあります。

脳科学者の茂木健一郎先生は、この朝起きてから3時間の「ゴールデンタイム」と呼び、1日の中で最も効率よく作業できる時間帯にだと説明しました。。

朝勉強するメリット

朝のゴールデンタイムは、睡眠によって脳内がスッキリした状態となって炒め、創造性を発揮できます。

つまり、思考力や表現力が発揮される問題を解くことに最適な時間なのです。

また、朝はドーパミンアドレナリンといった神経伝達物質が午後よりも分泌されます。

ドーパミンは学習・記憶などの認知作用を高め、脳の働きを活発にします。

アドレナリンは脳を覚醒させて集中力を高めます。

朝勉強するためのアドバイス

でも、朝はやっぱり眠たいよ…

朝が弱い人は朝勉強の良さを分かっていても、起きれなかったり、せっかく起きても寝落ちしてしまったりということがあるかと思います。

そこで朝勉強のためのポイントをチェックしていきましょう。

質の高い睡眠を意識する。

睡眠のゴールデンタイムは、午後10時から午後2時です。

この睡眠のゴールデンタイムに睡眠を取ることで、成長ホルモンが活性化され、脳内も整理されます。

またこの時間帯に寝ることで、疲労は回復され朝スッキリ起きれるようになるでしょう。

そして、睡眠は90分のサイクルでレム睡眠、ノンレム睡眠が繰り返されます。

つまり、寝てから90分の倍数時間後に起きるとスッキリ起きれるようになります。

無理やり目覚めさせる

朝目覚めるための行動をするだけで眠たさは解消されます。

まず、朝目覚めたらカーテンを開いて日光を浴びましょう。

日光を浴びることで、メラトニンという睡眠ホルモンが抑制され、体内から目覚めていきます。

次に冷たい水で洗顔をしましょう。

冷たい水に触れることで、交感神経が活発になり、一気に目覚めます。

これでも難しい人は、シャワーを浴びたり、立ちながら勉強したりして対処していきましょう。

それでも難しい人もいるんじゃない?

そういう人は1分だけでもやろう!という気持ちが大切やで

朝1分でも勉強すれば脳の活動としては充分効果は生まれます。

まずは1分でもいいので朝勉強する習慣を作ってみましょう。

朝はインプットよりもアウトプット

インプットを行うことは逆効果があります。

1日のうちにはたくさんの情報が入ってくるため、朝入ってきた情報は夜寝る頃には出ていってしまうのです。

つまり、インプットを行う暗記よりも、思考力や表現力が必要なアウトプットを行いましょう。

前日の復習なんかもオススメやで!

夜勉強

夜、特に就寝1時間前に勉強すると、記憶が定着しやすくなります。

つまり、勉強した後はすぐにベッドに向かうことが重要です。

就寝前にスマホをいじってしまう方は注意しましょう。

ブルーライトによって脳が活性化せれてしまい、気持ちのいい睡眠がとれません。

夜勉強するメリット

1日で入ってきた情報は睡眠中に長期記憶として定着します。

この長期記憶に残すためにはポイントが2つあります。

1つ目はプラスの感情を持つことです。

「おもしろい!」「感動した!」といったプラスの感情と情報を結びつけると長期記憶として定着します。

しかし、毎度毎度プラスの感情を持つことは難しいでしょう。

2つ目のポイントは睡眠の直前に記憶することです。

新鮮さ記憶ほど睡眠中に長期記憶として定着します。

これはプラスの感情がなくても問題ありません。

夜勉強するためのアドバイス

よし、じゃあ徹夜で勉強しよう!

徹夜勉強は絶対NGやで!

徹夜勉強は絶対NG

夜勉強のいいところは、睡眠をすることによって得られます。

逆にどれだけ頑張って勉強しても、睡眠を取らなければ長期記憶には定着しません。

夜1時間多く勉強するくらいなら1時間多く寝よって気持ちが大切!

勉強が終わったらそのままベッドへ

先述したように、勉強が終わったらそのままベッドに直行しましょう。

どうしてもスマホをいじってしまう方は、SNSやLINEなど気になることは全て勉強前にチェックしましょう。

夜は暗記科目重視

夜は朝とは逆に、インプット中心、つまり暗記科目を重視して勉強することがオススメです。

英単語や重要用語など、覚えるべき内容を中心に勉強しましょう。

時間帯で勉強する内容を決めよう

朝勉強しろ!夜勉強しろ!って言われたらどうしたらいいかわかんないよ…

そんなときは学習計画を立てて解決しよう!

学習計画を立てるときには、いつ、何を、どのようにするのかまで計画しましょう。

この時、朝勉強夜勉強のメリットを考えて計画することで、より効果的な勉強ができます。

例)英語に特化
5:30     起床・準備
6:00~7:30   勉強(英語:英文読解)
7:45     登校
18:00     下校
20:00~21:00   宿題・予習
21:00~22:00   勉強(英語:英単語・文法チェック)

まとめ

朝勉強することも大切ですが、朝どのような勉強をするのかで効果は大きく変わってきます。

朝は創造性が発揮され、夜は記憶が定着しやすくなります。

夜インプットしたものを、次の日の朝アウトプットすることで効果的な勉強をしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました