小学生にも英語が必要になる?!【元小学校教員厳選英語学習4選】

小学生

近年、日本のグローバル化が進んでいます。

その中で絶対的に必要となるのが世界共通言語の「英語」になります。

小学校教育においては、2020年度から小学3・4年生は外国語活動(英語活動)が、小学5・6年生は外国語(英語)が必修となりました。

1、2年生から外国語活動をしている自治体もあるで

この転換期にボーッとしていると、英語の授業で置いていかれたり、英語嫌いになる恐れがあります。

そこで今回は、元小学校教員が小学生向けのオンライン英会話教室を徹底的に調べ、紹介します!

この記事を読むと

  • 英語の必要性がわかる
  • おすすめオンライン英会話教室がわかる

2020年から小学校で英語必修化!目標は?

2020年度から英語教育は大きく変わり、今まで小学5・6年生が行っていた「外国語活動」が3・4年生に前倒しされ、5・6年生は正式に国語や算数などと同じ「教科科目」となりました。

小学校における英語教育の目標について、文部科学省が以下のように記しています。

 小学校段階の英語教育の目標については、
1. 小学校段階では、音声を柔軟に受け止めるのに適していることなどから、音声を中心とした英語のコミュニケーション活動や、ALT(外国語指導助手)を中心とした外国人との交流を通して、音声、会話表現、文法などのスキル面を中心に英語力の向上を図ることを重視する考え方(英語のスキルをより重視する考え方)
2. 小学校段階では、言語や文化に対する関心や意欲を高めるのに適していることなどから、英語を使った活動をすることを通じて、国語や我が国の文化を含め、言語や文化に対する理解を深めるとともに、ALTや留学生等の外国人との交流を通して、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成を図り、国際理解を深めることを重視する考え方(国際コミュニケーションをより重視する考え方)
が考えられる。

簡単にいうと、

1の考え方では英語のスキル向上を目標にしていて、

2の考え方は英語を用いて言語や文化に対する理解、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度、国際理解を深めることを目標としています。

1の英語のスキルを詳しくいうと、

  • 小学3・4年生の外国語活動は「聞く」「話す」を中心に学び英語に慣れ親しむ。
  • 小学5_6年生は「聞く」「話す」に加え、「読む」「書く」も学び、コミュニケーションを通じて英語を学ぶ。

ということになります。

簡単な授業例を出すと、「アルファベットの音声リスニング」や「簡単な英単語の意味を覚える」ということが挙げられます。

小学生向け英語教材選び方

では、小学生にはどのような英語教材を選べば良いのでしょうか。

英語に自信ないおうちの方でも選ぶことのできるように、教材の選び方を2つにまとめました。

  • 能力にあった楽しい教材を選ぶ
  • リスニングがついている教材を選ぶ

能力にあった楽しい教材

能力に合わない教材を選んでしまうと、子どもは英語を嫌いになったり、楽しい教材でも楽しめません。

「子どもが飽きずに続ける」という点を考えると、やはり楽しく学習することが一番です。

そのためにはまず。子どもの英語能力のレベルを理解しましょう。

  • ほとんど知らない…英語を耳に鳴らす
  • アルファベットや簡単な挨拶・単語を知っている…多くの英単語や表現集を暗記する
  • 英語上級者…英語を実際に使っていくトレーニング

しかし、いくら能力に合っている教材を使っていても子どもが興味がなければ意味がありません。

子どもが楽しめる教材を使い、「英語って楽しい!」という感情を持たせることも大切です。

たとえば、子どもが好きなキャラクターに関連する英語教材や、体を動かして覚えるものなど、楽しい英語教材を選ぶのもいいですね。

特に、小学生の段階では、文字が多いものよりも、絵が多いものであったり、音楽に合わせて学習するものの方が楽しめるでしょう。

リスニングが付いている教材

小学生の段階から「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能が重視され始めましたが、まずは「聞く」から学習することをおすすめします。

「聞く」つまりリスニングから始めることで、日本語とは違う英語特有の発音に慣れ、英語になれることができるからです。

さらに、リスニングを繰り返すことで単語量が豊富になり、そこから「話す(スピーキング)」につなげやすくなります。

小学生におすすめのオンライン英語学習4選

それでは、小学生におすすめのオンライン英語学習を4つご紹介します。

それぞれを比較して、子どもに合ったオンライン英語学習を見つけましょう。

スマイルゼミ

【web体験会】タブレットってレンタル?いくらかかるの?|スマイルゼミ 小学生コース

スマイルゼミは、ジャストシステムが提案する幼児・小学生・中学生向けタブレット型通信教育サービスです。

スマイルゼミ小学コースは、英語が1年生から標準教科として無料で学べます!

さらにスマイルゼミを始めて「英語が好きになった」という子どもが94.6%と大好評です。

スマイルゼミは、タブレット1台で学習できるため、自宅で自分の振動に合わせた学習ができます。

月額料金:¥2980〜/月


となりの英会話

となりの英会話

引用サイト:となりの英会話

となりの英会話は、海外語学学校のプロ講師のレッスンを受けられる小中高生向けのオンライン英語塾です。

ネイティブの外国人プロ講師は、地域の英語塾とは一線を隠した授業を提供します。

さらに、文部科学省が認定しているCEFL基準の完全オーダーメイド形式でカリキュラムを作成してくれますので、子どもの英語レベルに合わせた学習をすることができます。

月額料金(週1日):8800円(税込)〜/月


ワールドアイキッズ

ワールドアイキッズ 小学生コース

ワールドアイキッズは、子ども専用のオンライン英会話スクールです。

英語をしたことがないけれど、とにかく英語を楽しみたい!という子どもにぴったりなレッスンをしています。

また、英語に触れたことがない3歳から12歳の子どもたちを10,000人以上を支援した1000人のコンシェルジュがご要望に応じてあなたのお子さんを個別指導してくれるので安心です!

講師の先生も、教育テレビに登場するお姉さんのような楽しいノリで教えてくれるので、楽しく英語を学ぶことができます。

月額料金:1980円〜/月


GLOBAL CROWN for group

GLOBAL CROWN

引用サイト:GLOBAL CROWN for Group

GLOBAL CROWNは、少人数のグループ形式でレッスンを実施するオンライン英会話スクールです。

日英バイリンガル講師、そして仲間と一緒に楽しく英会話を習得できます。

また、クラスはレベルに合わせてお選びいただけますので安心です。

レッスンは専用のアプリから受講できます。

スマホやタブレットがあれば簡単にレッスンを受けることができるのは嬉しいね!

また、自習教材として、レッスンと連動したAIによる発音チェックアプリも用意しており、レッスン街の時間に発音の練習ができる点も良いですね。

月額料金:4980円/月

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

小学校で突然英語に触れ、モヤモヤしたまま授業が進んでいくと、英語嫌いになってしまい、英語を理解することが難しくなります。

そのため、小学校での英語学習をスムーズにスタートさせるために、家庭での英語学習が重要となります。

家庭での学習ように小学生におすすめの英語教材を探している方や、子どもの英語教育に悩んでいる方は、この記事を参考に、子どもに合った英語教材を選んでいきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました