【社会人必見!!】仕事のやる気が上がるニーチェの名言24選

教育関係

フリードリヒ・ニーチェとは、ドイツ出身の哲学者、古典文献学者です。

現在では実存主義の代表的な思想家として知っている方は多くいるでしょう。

そんなニーチェは、数々の名言を残しています。

その中でも、今回は仕事のやる気を上げるであろうニーチェの名言を紹介します。

この記事を読んで、明日からの仕事のやる気も出していきましょう。

こんな方におすすめ

  • 仕事のやる気がでない方
  • なんだかぼんやりした毎日が退屈になっている方

教員の方はこちらもどうぞ⏬

フリードリヒ・ニーチェとは

ニーチェは、1844年にドイツで牧師の父の元に生まれました。

そんなニーチェは、父のように神学の道には進まず、哲学の道を選びます。

ニーチェの思想は当時のヨーロッパでは衝撃的で、簡単には受け入れられませんでした。

しかし、ニーチェの哲学がそれ以後の哲学に大きな影響を与え、ハイデガーやユンガーなど有名な哲学者も多大な影響を受けています。

【仕事のやる気が上がる】ニーチェの名言

それでは、そんなニーチェの名言を紹介していきます。

いい手本を示そうとする者は、自分の徳に微量の馬鹿げたところを添えなくてはならぬ。
すると人は見習って、同時にその模範を眼下に見下ろす。
– これが人々の好むところである。

 

あまりにも完璧すぎると協調生が取れなかったりするよね

力になってあげたいと思わせることも大切やで

独創的
– 何か新しいものを初めて観察することではなく、古いもの、古くから知られていたもの、あるいは誰の目にもふれていたが見逃されていたものを、新しいもののように観察することが、真に独創的な頭脳の証拠である。

気づかないところに独創的が落ちているかも

新しいことばかりに目を向けんようにせなな

いつまでもただの弟子でいるのは、師に報いる道ではない。

上司を越えていきたいね

明日からかわいい弟子は卒業や

世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのか、と問うてはならない。ひたすら進め。

自分の人生は他人が知ることはないってことだね

自分の人生を突き進んでいこ

あなたが出会う最悪の敵は、いつもあなた自身であるだろう。

敵ってのはそもそも一人しかおらんもんやで

人生の最後まで自分と戦っていきましょう

軽蔑すべき者を敵として選ぶな。汝の敵について誇りを感じなければならない。

嫌な上司なんかはほっといたらいいんだよ

尊敬できる相手を意識しよう

経験は、経験に対する欲望のように消えることはない。私たちは経験を積む間は、自らを探求しようとしてはいけない。

経験したい!と思ってもすぐ忘れてしまうよね

思い立ったが吉日やで

一段深く考える人は、自分がどんな行動をしどんな判断をしようと、いつも間違っているということを知っている。

自分が絶対に正しいなんて無闇に信じない方がいいよね

常に自分の意見にある程度の疑いを混じえていこ

真実の山では、登って無駄に終わることは決してない。

無駄なことなんて決してないで

最後まで登り切ることが大切だね

いったん選んだ道に関して頑張る人は多い。目標に関してそうする人は少ない。

目標を目指すと過酷な道を通らないといけないからね

過酷な道を歩き続けることができなければ、結果は期待できひんで

到達された自由のしるしは何か?– もはや自分自身に対して恥じないこと。

何をするにしても自分自身を恥じることはよくないよね

それができたら君はもう自由やな

よい評判を得るために自己を犠牲にしなかった人が何人いるだろう?

他人からなんと言われようと、どう見られようと関係ないよ

自分を犠牲にすることはないで

目的を忘れることは、愚かな人間にもっともありがちなことだ。

どんな仕事でも目的を理解していかなあかんで

意味のない仕事はばっさり切っていこ

いつも大きすぎる課題を負わされてきたために、才能が実際よりも乏しく見える人が少なくない。

上ばかり見ているから自分の成長に気づかないんだよ

もう君は十分才能あるで!

人が意見に反対するときはだいたいその伝え方が気に食わないときである。

人は正論だけでは動かないよ

伝え方も意識していこ

過小評価するより過大評価する方が、判断力の欠如を完璧に暴露してしまう。

シェイクスピアも「輝くもの、必ずしも金ならず」と言ってるで

メッキは剥がされるかもしれないからね

脱皮できない蛇は滅びる。その意見を取り替えていくことを妨げられた精神たちも同様だ。それは精神ではなくなる。

昔の考え方のままな人っていない?

そんな楽せずに、常に成長していこ

男たちは、自分の職業がほかのいかなる職業よりも大切だと信ずるか、自分で思いこませる以外に、その職業を持ちこたえることはまず出来ない。

この名言は男尊女卑の時代だったから、女性も同じだよ

天職だと思わなくても思い込ませないとやってられないよね

いつか空の飛び方を知りたいと思っている者は、まず立ちあがり、歩き、走り、登り、踊ることを学ばなければならない。その過程を飛ばして、飛ぶことはできないのだ。

いきなりビッグにはなれないってことだね

当たり前やけど基礎基本は大事やな

高く登ろうと思うなら、自分の脚を使うことだ。高い所へは、他人によって運ばれてはならない。人の背中や頭に乗ってはならない

他力本願な気持ちは今すぐ捨てましょう

自分の夢は自分にしか起こせへんで

毎日少なくとも一回、何か小さなことを断念しなければ、毎日は下手に使われ、翌日も駄目になるおそれがある。

あのイチロー選手も一つのことに特化して能力を引き上げたんだよ

器用貧乏にならんためには一つのことに集中しよな

心の中に未来にふさわしいビジョンを描け。そして、自分を過去の末裔であるという迷信を忘れるんだ。あの未来の生を思い巡らせば、工夫し、発明すべきものが限りなくある。

 

過去なんて振り返らずに未来だけを見ていこう

未来も現在に影響を与えるで

足下を掘れ、そこに泉あり。

温故知新ってことやな

自分だけの足元を掘り起こそう

すべての知識の拡大は、無意識を意識化することから生じる。

勉強するうちに無意識だったものを意識するようになるよね

勉強すれば視点が広がるってことやな

コメント

タイトルとURLをコピーしました