【ホッブズとルソーから考える】管理主義・放任主義の学級経営解説

教育関係

いきなりですが、この記事を見てくれているあなたに質問です!!

30人の子どもたちに勉強させたい時、あなたはどちらの行動に移りますか??

①多少厳しくしてでも勉強させるようにする。
②勉強するかしないかは子どもの自由なので、本人に任せ勉強する子だけを相手にする。

②!!やるかやらないかは本人次第だ!!

さあ、どちらを選びましたか??

もしかすると、①②の選択肢にない方もいらっしゃるかもしれませんね。

私は、子どもの頃、①のような大人を好きになれず②が理想の大人だ!!と教員になりました。

しかし、②もうまくいかず、結局①のように厳しくしなければいけないのか?!と自分の考えに迷いが出た時もありました。

その後、試行錯誤していく中で「これだ!!」となったものがあります。

それは、「選択肢を残したまま人を望ましい方向へと誘導する」という技です。

今回は、この技と管理主義放任主義についてホッブズルソーの考え方から解説していきます。

こんな方におすすめ
・学級経営に悩んでいる先生方

学級経営って難しい…

教員は、学級担任を任されると、教室の経営を任されます。

いわゆる、学級経営というものです。

この学級経営、うまくいけば子どもたちは楽しく学校生活を過ごすことができるし、教員も楽しくてwinwinですが、うまくいかなければ、学級崩壊が起きてしまいます。

それくらい、学級経営は重要なものです。

しかし、この学級経営はなかなか難しいものです。

特に初任者の方は、新卒でいきなりこの学級経営をしなければならないという無理難題を押し付けられて大変だよね…

最初はうまくいかんことが多いと思うけど、この記事を読んで少しは解決するとええなぁ。

その上で、よくある学級経営は二つあります。

「子ども達を厳しく占めた方が学級経営はうまくいくよ。」
「子ども達は自由にさせたほうがいいよ。」

というような、いわゆる管理主義放任主義かで話し合われることが多いです。

ちなみに、上記が管理主義で、下記が放任主義になります。

両極端ですね。どちらかと言うと放任主義の方が子どもは喜びそう…

どちらにもメリットとデメリットがあるから紹介していくな!!

結論から言えば、どちらも偏ってしまえば学級崩壊の危険性があります。

それでは、両者の考え方を紹介します。

教室とは先生と児童生徒が創り上げるいわば国家のようなものです。

そこで、国家について考えた哲学者の意見を踏まえて紹介します。

管理主義について

管理主義国家の考え

国家には支配者が存在します。

この考え方は、当たり前っちゃ当たり前ですが、その当たり前を疑う哲学を行なった人物がいます。

「なぜ、国家には『支配者』が必要なのだろうか?」

この問いに対する答えを考えたのがイギリスの哲学者ホッブズです。

ホッブズの答えとは、

「人間は、自分勝手で極悪で利己的な生き物である。

ゆえに、彼らを放置しておくと、欲望のままに利益を求めて殺し合うだろう。

だから、人間たちは、その殺し合いに終止符を打ち、互いに共存するために『架空の支配者』を作りだし、国家という仕組みを作り上げたのである。」

というものです。

つまり、みんなが互いに争わないように支配者を作り、国家をつくったということになります。

ホッブズ曰く、自然状態(誰も権力を持たず、法律もない状態)で放置すると、自分の生存と利益のために、互いに殺し合うようになります。

確かに、誰彼構わず殺し合いとか起きちゃいそうだね…。

自由を見返りに安全を保障してもらうってことやな!!

管理主義の学級経営

それでは、このホッブズの考え方を学級経営の視点に置き換えましょう。

ここでは、言い方は悪いですが、支配者=教員と置いて書きます。

教員の方!!支配者じゃないわ!!って怒らんでな…

さて、ホッブズは放置すると殺し合う、と言っていますが、子どもに置き換えると、殺し合うとまでは行かなくとも、

・ケンカし放題

・言うこと何も聞かない

と言う姿が容易に想像できるかと思います。

そこで、管理主義をし、本人の利益や安全を守れると言うメリットがあれば、管理主義もよく聞こえるかと思います。

たとえば、宿題の強制を行うことで成績アップという利益があります。

このように、子どものためを思って管理していきます。

しかし、このままでは、本来育てなければならない好奇心は育ちません。

子どもの中には、うまくサボろうという考えが生まれます。

そしてその考えを規制するためにさらに管理するという悪循環が生まれます。

また、管理主義だと、大人は口うるさくなってしまうため、子どもは怯えてしまい、信頼関係も築きづらいと言う点も挙げられます。

放任主義について

放任主義国家の考え

ホッブズの言うように、無法な暴力世界を避けて平和に過ごすためには、喜んで王に服従しなければならないのか。

この意見に反論したのがフランスの哲学者ルソーです。

ルソーは、ホッブズの意見に対してこのようなことを言いました。

「人間が自然状態に戻れば殺し合うなんてことは決して起こらないよ。

その証拠に、不便な田舎を見てよ。

みんな互いを憐れみ、助け合って生きているじゃないか。

むしろ、文明化された便利な都会の方が、人間同士で騙し合い、憎み合っているぐらいだ。

つまり、文明以前の国家がない状態になれば人間同士が互いに殺し合うだろうというホッブズの前提はそもそも間違っているんだ。」

彼によれば、人間は国家などなくても、互いに助け合って生きていける平和的な生き物です。

そこに少数の知恵を持っている者たちが現れ、他者から搾取して楽することを覚えてしまい、国家や身分という仕組みができたのだと言います。

この考え方ならば、国家は必須の存在ではなくなります。

こういった考えをもとに、ルソーは真の権力者は王ではなく、民衆であると謳いました。

いわゆる人民主権というものだね!!

放任主義の学級経営

さて、このルソーの考え方も学級経営の視点に置き換えます。

すると、教室の主役は子どもたちになります。

これは、一見当たり前のように思えますが、常に子ども達の前に立つ日本の教員の多くは忘れがちです。

たとえば、授業作りの際に

「〜を教えよう」

と考えていれば主語は教員になってしまいますよね。

あくまで子どもが主役なのですから、

「子どもが何を学ぶのか」

を重視して授業作りしなければなりません。

このように、「子どもが主役」という考えには大いに賛同できます。

しかし、国家がなくては法律(ルール)もありません。

放任主義にすれば、自由を制限することがないので、子どもはのびのびと成長するかもしれませんが、その保証はもてなくなってしまいます。

自由にすれば、成長する子もいますが、成長しない子も当然現れてしまいます。

また、完全な自由を与えてしまうと、頭の中では利益になるとわかっていることもだんだんとだれてしまい、できなくなる経験をしたことがある方も多くいるのではないでしょうか。

私自身、朝活を続けた方がいいとわかっていても、ゆっくり寝てしまうことがあります…。

さらに、頭の中の自分とできない自分の矛盾により自信がなくなるという悪循環も生まれます。

選択肢を残したまま子どもを望ましい方向へと誘導する

おいおい、管理主義もダメ、放任主義もダメ、ってどうすればいいんだよ!!

まあまあ、ここからはモグラの体験談も踏まえて話していくで!!

管理主義もダメ、放任主義もダメ、となれば子どもに考えて行動させることが良いと考えました。

その上で望ましい方向へと誘導することが教員の役目です。

具体的に言うと、机の位置を水性ペンで床に書いておきます。

すると、「机を整頓してください」と口うるさく言わなくても、子どもたちは整えようとします。

このように、子どもが自分で選択して行動しているように思わせる仕組みを作るのです。

他にも、

「クラスで仲良くしなさい」

と言わなくても、遊びを子どもたちに企画してもらったり、遊び道具を置いてコミュニケーションを自然と行ってもらったりとできます。

私のクラスでは、「工作会社」が遊び道具を作って「レク会社」が遊びを企画していました。

会社活動については、また別の記事で詳しく紹介するな!!

感謝を伝える

最後に、望ましい行動をし始めた子どもに感謝を伝えましょう。

もちろん褒めることもいいかと思いますが、アドラー心理学では褒めることは立場に上下関係が生まれると言います。

つまり、教員が上の立場ということになり、うっすら支配者のようになってしまいかねません。

しかし、感謝を伝えることは、対等な立場でも行われます。

机を整頓していた場合は、それが当たり前と思わず、

「うわ、机綺麗に並んでる。ありがとう」

と伝えましょう。

すると、子どもたちは喜んでまた机を綺麗に並べます。

また、日ごろから、子ども達に感謝を伝えることでその行為に価値づけができ、さらに、教員との信頼関係が生まれるでしょう。

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

今回は、学級経営についてホッブズルソーの国家論から考察し、私自身の経験を含んだ今後の学級経営のすすめの記事を書きました。

管理主義では、好奇心が育たたない、子どもが怯えてしまい信頼関係を築きづらい、と言う点があり、

放任主義では、成長を保証できない、自信がつかない場合がある、と言う点がありました。

そこで、選択肢を作り、子どもが望ましい行動を選ぶような仕組みを作ることを勧めます。

そして、望ましい行動をした際には、感謝を伝えることを忘れないでください。

そうすることで、子どもたちは自分で考えて行動し始め、自信がつきます。

また、教員自身の悩みも減るため、余裕を持って子どもと接することができます。

学級経営に悩んでいる方は、ぜひお試しください。

そして、悩みが少しでも少なくなることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました